山川塾からのお知らせ

2017/04/19 4月は学習貯金に最適

こんにちは。城山教室です。

新学期開始から10日程度たち、新しい環境にもなれてきましたか?天気も良く、春の遠足には最適ですね。

中学生は実力テストが終わり、ほっと一息。そろそろ家庭訪問も始まるので、午前中で学校が終わり、気が付けばGWでまた休み…としばらく自由に使える時間が増えると思います。

山川塾では、4月は「学習貯金」を勧めています。

上記のように学校の授業にあまり進展が見られないこの季節に、6月の期末テストの範囲になるであろうところまで一気に学習を進めるようにしています。

これが5月、6月となると、学校の授業も本格的に進み、体育大会の練習が本格的になり、そして部活をしている中学生は、中体連前で練習がハードになってきます。

余裕があるのはまさに今、この4月です。

小学生は学校の宿題をベースに、机に向かう習慣をつけましょう。
中学生は、新しく配布された学校ワーク類をすすめましょう。

4月は小学生、中学生共に「春のおためし教室」を開催しています。
家だけではなかなか…という生徒さんがいれば、お近くの山川塾まで!

2017/04/14 カンボジアスタディツアー その1

新学期が始まりました。

小学生はお見知り遠足、中学生は実力テスト。

春を感じられる、いい天気です。

カンボジアから帰ってきて、春期講習と新学期の準備でバタバタとしていました。

カンボジアスタディツアーに参加してくれたみなさん、

これからデータを整理して、共有していきたいと思っています。

今しばらくお待ちください。

さて少し落ち着いたらカンボジアスタディツアーについて

お知らせすると約束していました。その1です。

3/27(土)の朝9時に熊本駅に出発して

カンボジアのシェムリアップについたのは夜11時すぎでした。

日本との時差は2時間。

飛行時間は合計6時間半ですので、上海でのトランジットの時間が結構ありました。

出国手続きなどすべてが勉強ですね。

カンボジアのみんなの第一印象は

「蒸し暑い!」が一番多かった!

季節は乾季だし、たしかに暑いけれど

自分にとっては結構気持ちいい暑さでした。

空港を出ると通訳兼ガイドのペンホーさんと

開発経済学が専門の大学講師のたかひろ先生が出迎えてくれました。

夜中に、しかも到着が遅れたのにずっと待っていてくれたみたいで

とてもあたたかい出迎えでした。

次の日は朝7時に起きて活動予定です、この日はホテルでしっかり休みました。

3/28です。

ホテルで朝食後、かものはしプロジェクトにむかいました。

カンボジアで女性の人身売買を減らすための活動をしているNPOです。

カンブリア宮殿などいろいろなメディアに取り上げられているのでご存知な方もおられるかもしれませんね。

かものはしプロジェクトの橋本さんからカンボジアの現状を教えてもらいました。

みんな、日本とのあまりのギャップに驚いていました。

橋本さんから「大学生がここに勉強しに来ることはあっても

小、中学生が来ることはほとんどない。みんなすごい経験をしている」

といった言葉をもらいました。みんな真剣でした。

それから実際にそこで働いている方から話を聞いたり、

今回は特別に家を見せてもらいました。

しかも家の中まで。

トイレがないことにビックリ、台所にビックリ、

水道がないことにビックリ、子どもたちが裸でいるのにビックリ、

ビックリの連続だったと思います。

次回に続く。

↓かものはしプロジェクトでの研修の様子と現地の方の生活を見せてもらいました。
最後の1枚の左側が台所です。

2017/04/13 今日からスタート!

昨日、入学式を終えて家へ帰る途中の小学生を多く見かけました。お父さん、お母さんと手をつなぎ、満面の笑みを浮かべて歩く姿に、思わずこちらも微笑んでしまいました。期待に胸を膨らませ、未来に希望を抱く人の姿は、それを見る人にも元気や勇気を与えてくれますね。
開花の遅れが心配されていた桜も満開で、いい入学式を迎えられたことと思います。
改めて、ご入学おめでとうございます。
 
さて、始業式を終えて新学年、新クラスでの生活がスタートしたみなさん、学校はいかがですか。担任の先生の名前はもう覚えましたか。新しいクラスの雰囲気はどうですか。気の合う人、苦手な人、いろいろいるかと思います。でもいろいろいるからこそ「クラス」は面白いんです。それぞれの個性を認めて一緒に生活をする。そうするうちに、それぞれのクラスにしか出せない色合いが出てきます。ぜひ、自分のクラスの「色」をこの1年で作り上げてください。大切なのは、先入観で決めないこと。「苦手だな…」と思っていた人も、話してみると実は意気投合!なんてこと、よくありますからね。まずはいろんな人とたくさん話をしてみてくださいね。

中学生のみなさんは、今年度最初の試験が実施された、もしくはされていますよね。手ごたえはどうでしょうか。結果が返ってきてみないとわからないことではありますが、大事なのは結果をきちんと受け止めることです。そして、それをこれから先の生活にどうつなげていくかを考える、そこに全てがかかっていると思います。

結果が思わしくなかった人は、どこで間違えたのかを明らかにしましょう。今回の試験は前学年の内容です。間違えた分野を今日から復習していきましょう。間違いが多すぎて特定するのが難しければ、試験を塾へ持ってきて、先生に見せてください。そして先生と一緒に苦手分野の克服計画を立てましょう!

結果が良かった人は、今回の結果が「いい結果」の基準になると考えてください。次回以降、今回の結果と同じか、それ以上の結果が出なければ「いい結果」にはならないということです。また、次回以降は、今回思うように結果を出せなかった人たちが頑張ってきますので、油断しているとすぐに追い抜かれてしまいます。気持ちを新たに、また勉強に励んでいきましょう。

新学期早々、勉強か…と思うかもしれませんが、新学期早々だからです!4月、5月というのは、1年の中でも行事が多く、授業に割く時間が少なくなります。授業が進まないからといって遊んでしまう人が多いのもこの時期。だからこそ、差をつけるには今頑張るべきなのです!今のうちに自分の勉強スイッチをONにして、予習、復習を頑張っておけば、周りが勉強スイッチを入れる頃には自分はエンジン全開の状況になります。そうなれば、競争はずいぶん楽になりますよね。

学年やクラスが変わり、環境の変化についていくのがやっとな春ですが、そこはみんな同じです。だから心配しないで。これまで通り、毎日少しずつでも勉強は続けていきましょう。スタートを切るのは今ですよ!!

下益城城南教室では、5月末まで毎週木曜・金曜日に無料の「授業体験会」を実施しています。これまでも授業体験は実施してきましたが、今だけ木曜と金曜に特化して、より多くの人に体験してもらえるよう、席をご用意しています!
木曜日が17:20〜18:40、20:20〜21:40の2コマ
金曜日が15:50〜17:10、17:20〜18:40、18:50〜20:10、20:20〜21:40の4コマです 
お電話にてご予約いただいてからの体験となりますので、まずは下益城城南教室までお電話を♪

下益城城南教室 教室長 田尻

2017/04/12 とうとう中学生は実力テストです!

小学生、中学生の皆様、ご進級、ご入学おめでとうございます。

中学校では今日から実力テストのところもありますね。
精一杯練習してきたことをだすことが一番ですが、本当に大事なのはテストの後です。
特に順位がでるテストが初めての中学1年生と、昨年の震災の影響をうけた中学2年生は、ほぼ初めての4月を過ごすことになりますね。

テストが終わった後に大事なのは、反省と、改善です。
「覚えられない。」「わからない。」と言っておわるのではなく、対処法を考えましょう。
忘れたときに思い出せるように授業を集中して聞く。わからない問題がテストのときにないように、一度わからなかった問題を3回復習する。大事な考え方を見に着ける。
是非、「つぎにどうするか」を紙に書き出してみてください。
4月は一番やる気がでる月です。学校も行事や学活が多く、時間に余裕があります。
未来のことを「想像」して、「考えて」、何かひとつ、新しい学習習慣を身に着けてください。

山川塾平成教室 高松あゆみ

平成教室で行われた勉強会の様子です。
午前中はテスト、午後は各自での学習時間でした。
テストの反省や、改めて気づいた点を発見し、塾のパソコンからたくさんの課題を持って帰っていました。

2017/04/12 入学おめでとうございます! 

今日は小学校の入学式。

いい天気でしたね!

桜も満開、おめでとうございます!

入学式の時期になるといつも思い出す子がいます。

その子は山川塾に小学1年生から通ってくれています。

今では中学生になり、体も心も頭もすべてにおいて成長中、

よく頑張り、物事を考える子に育っています。

お預かりして7年目、公教育ではありえない年月が過ぎています。

責任重大です。

また責任をもって伸ばし続けなくてはいけないと強く思っています。

子どもは宝、その宝をお預かりしていることを胸に指導していきます。

新学期、小学生は

,弔泙困ないように→つまずいてから勉強するより、つまずかないほうが

楽しいし、自信がつきます。

∧拔のやり方と習慣をつけましょう。

J拔の貯金をしていきましょう。

早いうちに始めることで時間を味方にしていきましょう。

ぅ錙璽ングメモリーを増やしていきましょう。

小学生のうちから脳の容量を増やしておきましょう。あとからは難しいです。

「長く預けてよかった」と言ってもらえることが

私たちの仕事の評価だと思っています。

1つ前に戻る  ⇒ MORE

Copyright(c) Yamakawajuku All Rights Reserved.