山川塾

お問い合わせは各教室へ
<受付時間>平日
15:00〜22:00

4月の入塾生、A君とB君

2019/04/12

山川塾は「自ら学ぶ力」を伸ばすことで、成績をあげる自立学習塾です。
熊本の小学生、中学生の学力を伸ばすことで
子どもたちの将来の可能性を高めたいと思っています。


4月に入塾したてのA君とB君。

どちらも男の子です。

まずA君ですが今度中3になるということでの入塾。

5教科全部ダメ、ということで

はじめは5教科習いたいということでした。

でも授業を通じてのカウンセリングの結果、

まず英語と数学に絞ることに。

理科、社会、国語はアドバイスを受けながら勉強を進めることにしました。

教科を絞って受験勉強のやり方を身につけて、それを他の教科に応用していくのがセオリーです。

数学だけでもいいかなと思いましたが、

本人も中3なんで1教科だと不安そうでしたから2教科の受講となりました。

週2回、塾で英語と数学を習います。

まず英語ですが、文法がなんとなくで、今まできているので

現在、過去、未来、進行形といった時制がまったくできない。

3人称単数現在形の「s」とかつけたことがないと言っていました。

まずは時制からです。ここに1ヶ月程度使います。

次に助動詞、不定詞、動名詞、接続詞、比較の5つ。

これを7月までにどうにか定着させたい。


A君は部活(結構ハード)に入っているので

中体連前の6月が忙しいのはわかっていますが、

中体連後からの復習では間に合わない。

受験までのスケジュールを逆算して説明するとしっかり理解してくれたようです。

中3内容の受動態と現在完了も大事ですが、

この2つは「学校の授業を一生懸命聞く」という作戦で。

これでなんとか夏休み前に文法が追いつきます。

それから夏休みからは、もう1回英文法の復習と

9月の共通テストにむけて長文、会話文、英作文(まずは並べ替えから)の練習に入ります。

とにかく9月の共通テストでA君の志望している高校の英語の合格平均点まではもっていきたいと思います。

英単語が宿題なのは言うまでもなく。


次に数学。

こちらは実は英語より厳しい状況…

本人は証明や図形が苦手と、自己分析していましたが

過去の成績表や答案用紙を見ながら、カウンセリングをした結果

中1の「正負の数」に原因があることが判明。

プラスとマイナスの計算でミスが多い=理解があいまいなままにしてあった。

A君の志望する学校の数学は20点とれば、まず合格できる。

25点あれば安全圏です。(50点満点)

そうすると計算単元の大問1の10点、ここは落とせない。

あとは大問2で6〜8点とって、

残りの大問では各1番(大問3の1、大問4の1…)だけとっていけば

25点はいけます。

そこで4月、中3ですが正負の数の復習からスタートしました。

「先生、俺のことなめてません?」って感じですが、それぐらいでいいです。

まだ授業が2回ですが、やる気出てきたみたいです。

これから文字と式、一次方程式(文章題除く)を5月連休明けまでに復習して、

5月は式と計算、連立方程式(文章題除く)を頑張る。

中3内容の因数分解と平方根に関しては「学校の授業を一生懸命聞く」という作戦で。

「学校の授業を一生懸命聞く」、を連発してますが、

あとから復習する時間はなかなかとれないから

合格するには同時進行でやるしかないです。

それに中1、2の復習をしているから、中3の授業も理解しやすくなっているはず。

また塾に入って安心するというか、

「勉強は塾でするからいい」→学校の授業態度が変わらず

これは本当にもったいない。

理想は

塾で勉強のやり方を身につけ→学校の授業で実践→相乗効果で2次関数的に成績アップ、です。


なんとか中体連あとには大問1が満点とれて、大問2も数点とれる段階まで仕上げていきたい。

そうすれば夏休みに比例・反比例と一次関数、それと確率をすれば

共通テストで20点はいけると思います。まずはそこまで。


中3になったばかりのA君ですが、入試は1月から。

逆算すると9ヶ月です。

9ヶ月準備する時間をもらったから

2人で作戦立てて絶対合格しようぜ、と約束したところでした。

今はやる気に満ち溢れていますが

まあ中体連前あたり、それと8月の模試前後ぐらいに

やっぱ志望校変えようと思います…とか言ってくるタイプにも見えましたので

とにかく点数を取らせて自信をつけさせようと思っています。

頑張ってもらいたいです。

長くなりましたのでB君についてはまた明日。


↓城山教室、ちょっとだけレイアウト変えました。

山川塾
山川塾
ページトップへ戻る